Just another WordPress site

コーヒーが好き
未分類 | 10月13日更新

コーヒーを飲みすぎると?

コーヒーに含まれるカフェインはダイエットの効果が高く、その成分の持続時間はおおよそ3〜4時間と言われていますので、大体それぐらいのペースで飲み続けることが最も効果を感じやすいかと思います。
ですが、摂取量には注意が必要であることも否めません。
1日に飲むコーヒーの量として最も適切なのは5杯程度までで、それ以上は明らかに過剰摂取でしょう。
(続きを読む...)

未分類 | 10月13日更新

気になるカロリー

ダイエット効果が期待できるコーヒーですが、コーヒー自体のカロリーはどれほどのものなのでしょうか。
一杯のコーヒーを小さめのマグカップに入れて200mlとした場合、カロリーは約8kcal程度です。
『けっこうカロリー少ないじゃない!』と嬉しく思い、飲む際にお気を付け頂きたいのが、この数値が『ブラックコーヒー』であるということ。
そう、ブラックコーヒーならば、低カロリー且つダイエット効果もある最強の飲み物なのです。
(続きを読む...)

未分類 | 10月13日更新

ダイエット効果とは

『コーヒーにダイエット効果がある!』という言葉を見たことはありませんか?
コーヒーの成分である『カフェイン』と『クロロゲン酸』という存在が、ダイエットに効果があるとされているのは本当です。
(続きを読む...)

未分類 | 10月13日更新

人気コーヒーメーカー

コーヒーメーカーはハンドドリップよりも味が落ちるというのは真実でしょうか。
答えは『NO』です。
人それぞれコーヒーに求める美味しさには違いがありますので、何をもって『美味しい』と感じるかの違いではないでしょうか。
(続きを読む...)

未分類 | 10月13日更新

美味しいコーヒーの入れ方

新鮮で美味しい豆と器具が揃ったところで、コーヒーの入れ方はとても大切なポイントです。
その香りを楽しむためには、汲みたての新しい水を一度沸騰させ、水泡が収まった95℃前後の温度が最適です。
すぐに冷めてしまわないように、あらかじめ器具やカップを温めておく心配りも素敵です。
(続きを読む...)

未分類 | 10月13日更新

豆の主な産地

コーヒー豆の種類にも関連がありますが、その産地も世界中に広く存在します。
歴史上最初にコーヒー豆を輩出したのは東アフリカに在るエチオピアと言われていますが、現在では中南米のブラジルやコロンビア、東南アジアのベトナムやインドネシアが生産国の上位にランキングしています。
ブラジルの全体の約35%程度という数字を見ると明らかで、南米特有の気候で、年間の気温が20℃前後、平均雨量が1500〜2000ミリ程度が特に適していると言えるようです。
(続きを読む...)

未分類 | 10月13日更新

豆の保存方法

コーヒー豆の正しい保存方法をご存知でしょうか。
いくら高価な豆を購入しても、保存方法ひとつで味や香りに差が出てしまいます。
まずは新鮮なコーヒー豆を選ぶことはもちろん最重要課題ですが、次に考えるべく保存方法は『酸化防止』が一番大切です。
保存状態として重要なポイントは4つあり『温度』『湿度』『光』『酸素』の状態が正しくないと、豆の酸化に繋がってしまうと言われています。
(続きを読む...)

未分類 | 10月13日更新

コーヒー豆の種類

『コーヒーノキ』という木から取れる赤い木の実が『コーヒーチェリー』と呼ばれており、その果実の中にある豆を精製したものを乾燥させて各消費地へ送られます。
栽培されているコーヒーノキは、種類別にみると大きく分けて3原種あります。
(続きを読む...)

未分類 | 10月13日更新

コーヒーの知識を深めよう

みなさんコーヒーはお好きですか?
朝の一杯、お仕事の休憩中に一杯、ホッとしたい時に暖かいコーヒーを飲むと心が落ち着きますね。
お家ではコーヒーメーカーはもちろん、それを利用しなくてもマグカップ一杯用のドリップコーヒーやインスタントコーヒーなら簡単に楽しむことができますし、最近ではコンビニエンスストアのカフェコーナーで提供されているコーヒーも従来のコーヒーショップのものと遜色が無く気軽に利用できるところが人気です。
そんな身近な存在のコーヒーですが、詳しく知っている方は相当こだわりを持ってコーヒーを楽しんでいらっしゃる方だということが窺えます。
(続きを読む...)

未分類 | 10月13日更新

コーヒー知識が得られるおすすめ本

どんな情報でもインターネットで調べると簡単に探せるのは大変便利なことですが、それでも本で得た知識の方が頭に残りやすい気がしませんか?
いつまでも本という形で保存することができ、ドッグイヤーや付箋、マーカーをしておけるという点でも、時には本の方が便利なこともあるように感じます。
(続きを読む...)

top